必要な資格

ワンちゃんの先生

ブリーダーとして生計を立てるなら持っておきたい資格

ブリーダーの仕事は、犬を交配させ繁殖し、流通させる仕事で、子犬はもちろんの事、母犬の健康管理も大切な仕事です。
それぞれの犬種に関する深い知識も必要となり、遺伝性疾患が出にくい交配を行うなど、命を扱うため責任感の伴う仕事でもあります。
国家資格というものはありませんが、ブリーダーの仕事に活かせそうな、動物取扱士、愛玩動物飼養管理士、愛護動物取扱管理士、ブリーディング技能士など、民間のものがいくつかあります。
趣味ではなく、本格的にペット産業に身を置くことを考える場合は、これらの資格を持っておくほうが有利でしょう。
近年は空前のペットブームのため、たくさんのペットが氾濫しています。
特に小型犬の人気は高く、1匹数十万円で販売されています。
中には、劣悪な環境のもとに交配を行い、大金を稼いでいるブリーダーもあるようなので注意が必要です。
人間だけでなく、ペットも幸せな環境で暮らせるように、国家資格も整備されることが望まれます。

ペット好きを趣味から職業へ!ブリーダーになるための資格とは

ペットの繁殖や品種改良を専門に行うブリーダーという仕事そのものには、基本的に特別な資格は必要なく、学歴や経験も不問です。
一見簡単になれそうな職業ですが、動物を飼うという行為には大きな責任が伴うので、ある一定程度の準備は当然ながら必要となります。
以下に具体的に見ていきましょう。
動物販売の事前準備として、「動物愛護法」の「動物取扱業の規則」に基づき保健所に「動物取扱業」の届け出を出さなければなりません。
また、素人がいきなり独立してブリーダーを行うのは事実上不可能であり、広い専門知識やノウハウが必要となります。
専門学校や通信学習などにおいて「訓練士」「動物看護士」といった資格を取得し、さらに独立開業を目指すには認定試験に合格するといった手順を踏まなければなりません。
こうした準備を行ったうえで、他の独立開業した方々と交流を持つことでさらに知識を広げ、実践的な経験を積む事ではじめて周りからも信頼されるブリーダーとなり得るのです。

pickup

フルーツの千疋屋

最終更新日:2017/11/15

Copyright 2015  ワンちゃんの先生  All Right Reserverd.